Home原価管理レシピ管理

Food cost原価管理

レシピ管理

理論使用量と実使用量を比較しロスの原因を分析

想定よりも店舗の原価率が高いという結果だけわかっても、具体的に何をどうすれば原価率が下げられるのかは、簡単にわからないこともあります。
レシピ管理を導入することで、売上データからレシピ分解した各メニューの食材使用量を算出し、仕入・棚卸データより算出される実使用量と比較することで、食材別の不明ロスが導き出されます。
原因となっている食材が判明すれば、オペレーションをチェックする手掛かりにもなり、業務改善へつなげることが可能になります。

レシピ表をWEBで共有

レシピ表を Fooding Journal を使って共有すれば、常に最新のレシピデータをコストをかけずに配布することが可能になります。
レシピ表には写真を掲載することももちろん可能です。

多階層のレシピもOK!実用的なレシピマスタ

Fooding Journal のレシピ管理機能では、レシピを構成するレシピマスタは半製品(仕掛品)にも対応しております。

セットメニューなど、レシピをモジュール化して使いまわすことが可能であり、効率的なレシピマスタ管理を実現します。

【Fooding Journal に対するお問い合わせ】お気軽にお問い合わせください 03-3517-3141 受付時間 9:30~17:00 [メールでのお問い合わせ]

【Fooding Journal】飲食店向けASPならフーディングジャーナル

フーディングジャーナルはASP形式の飲食店向けシステムです。

株式会社プロス〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-6-7光洋ビル7F
TEL: FAX:03-3517-3142
Copyright © PROS Inc. allright reserved.