Home課題別導入事例CASE 11 勤怠管理システムが飲食業の運用に対応していない

Example課題別導入事例

外食企業で抱える様々な課題を Fooding Journal で解決!

CASE 11 勤怠管理システムが飲食業の運用に対応していない

BeforeFooding Journal 導入前の状況

  • ヘルプ勤務が多いため、店舗で実際にかかる人件費の把握ができない
  • 変形労働時間制を採用しているがシステムが対応できず、正しい人件費の把握ができない

現在、利用している勤怠管理システムがヘルプ勤務や変形労働時間に対応していなかった。

そのため、店舗で実際にかかった人件費が把握できず、毎日手作業で計算して、店舗人件費を算出していた。

AfterFooding Journal 導入による結果

  • ヘルプ勤務がしっかり管理できることで、計数管理・経理処理の業務効率の大幅向上
  • 正確な店舗人件費管理が可能になり、精度の高い経営指標の資料がスムーズに作成され、有効活用されるようになった

FoodingJournalの勤怠管理機能では、勤怠管理業務・シフト管理業務ともにヘルプ勤務に対応しております。 ヘルプが頻繁に行われていても、給与計算のための勤務実績集計における計算ミスや計算漏れがなくなると共に、店舗ごとの人件費管理もしっかりできるようになります。

FoodingJournalでは経営分析に役に立つ人時売上や人時生産性、人時接客数といった指標も自動で計算されますので、分析データの共有と分析データを生かしたすばやい対応が可能になります。

また、月単位での変形労働時間にも対応できるFoodingJournalでなら、残業割増分の人件費も損益計算書に反映するので、実際の数値とブレることがなくなり、資料を有効に活用することができました。

【Fooding Journal に対するお問い合わせ】お気軽にお問い合わせください 03-3517-3141 受付時間 9:30~17:00 [メールでのお問い合わせ]

Example導入事例

  • 業態別導入事例
    • 居酒屋
    • カフェ
    • ラーメン店
    • 焼肉店
    • イタリアン
    • レストラン
    • ベーカリー

【Fooding Journal】飲食店向けASPならフーディングジャーナル

フーディングジャーナルはASP形式の飲食店向けシステムです。

株式会社プロス〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-6-7光洋ビル7F
TEL: FAX:03-3517-3142
Copyright © PROS Inc. allright reserved.