Home課題別導入事例CASE 02 店舗の不正に対する本部のチェック体制に不安がある

Example課題別導入事例

外食企業で抱える様々な課題を Fooding Journal で解決!

CASE 02 店舗の不正に対する本部のチェック体制に不安がある

BeforeFooding Journal 導入前の状況

  • 店舗での不正行為に対して効率的なチェック機能がない

店舗ではVOID処理等の訂正レシートを専用書類に添付し本部へ郵送。それを後日本部にて確認していた。

訂正レシートの紛失や、転記ミスが多く、本部の確認作業が非常に煩雑であり、全てをチェックできてはいなかった。

本部にて確認作業が行われるまでの時間がかかるため、不正やミスの発覚が遅れ、対処が後手に回ることが多かった。

詳細情報は本部でしか確認することができない。そのため直接上司のエリアマネージャーでは外回りが多いのでチェックすることが難しかった。

AfterFooding Journal 導入による結果

  • POSやハンディーの訂正履歴の詳細情報をいつでも閲覧可能に
  • 訂正履歴から電子ジャーナルが連動するため、チェックの作業効率が向上
  • 外回りの多い社員でもインターネット環境さえあれば閲覧可能に

FoodingJournalの販売管理機能によって、POSデータを本部にて一元管理することで監査体制の強化を図りました。

FoodingJournalでは、VOID明細をはじめPOSやハンディーの詳細な訂正履歴情報を閲覧することができます。いつ、誰が、いくら、といった情報はもちろん、電子ジャーナルへのドリルスルー機能でどのメニューを訂正したのかを知ることも可能です。

インターネット環境があれば、社外からでもすぐに調査可能な環境を用意することで、問題の早期発見につなげることができました。

【Fooding Journal に対するお問い合わせ】お気軽にお問い合わせください 03-3517-3141 受付時間 9:30~17:00 [メールでのお問い合わせ]

Example導入事例

  • 業態別導入事例
    • 居酒屋
    • カフェ
    • ラーメン店
    • 焼肉店
    • イタリアン
    • レストラン
    • ベーカリー

【Fooding Journal】飲食店向けASPならフーディングジャーナル

フーディングジャーナルはASP形式の飲食店向けシステムです。

株式会社プロス〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-6-7光洋ビル7F
TEL: FAX:03-3517-3142
Copyright © PROS Inc. allright reserved.